個人情報保護方針

当社は、当社の事業であるソフトウェア受託開発業務に携るにあたり、高度情報通信社会における個人情報の保護に努めることが社会的責務であるという認識のもと、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、すべての従業者が以下の項目に基づき個人情報の保護に努めます。

  1. 個人情報の利用について
  2. 当社は、ご本人から書面などで直接お預かりする個人情報について、お預かりする時点で明示し同意をいただいた利用目的の範囲内で個人情報を利用するとともに、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないための措置を講じます。また、それ以外の方法で取得した個人情報についても、別途公表する「▶個人情報の取扱いについて」の範囲内でのみ利用します。また、個人情報の目的外利用の禁止を始めとする個人情報保護マネジメントシステムを遵守することの重要性の従業者への教育を徹底します。さらに当社は、個人情報を第三者との間で共同利用、または個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。

  3. 法令、国が定める指針その他の規範の遵守
  4. 当社は、「個人情報の保護に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編)」他3編、「雇用管理に関する個人情報のうち健康情報を取り扱うに当たっての留意事項」「派遣元事業者が講ずべき措置に関する指針」及び日本工業規格 JISQ15001:2006「個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」他法令、国が定める指針に準拠して個人情報を取り扱います。

  5. 個人情報の漏えい、滅失又は棄損の防止ならびに是正
  6. 当社は、取り扱う個人情報に関するリスクを十分に認識及び分析し、必要かつ合理的な安全管理措置を講じることにより個人情報の漏えい、減失又は毀損を防止します。また、個人情報の漏えい、減失または毀損が発生し得る新たなリスクを察知した際には、遅滞なく是正処置を講じます。漏えい、減失又は毀損が発生した場合は、当該個人情報の内容を本人に速やかに通知し、発生原因及び対応策を遅滞なく公表、関係機関に報告します。

  7. 個人情報の管理について
  8. 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理致します。当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止する為、不正アクセス、コンピュータウィルス等に対する適正な予防・是正措置となる情報セキュリティ対策を講じます。当社は、個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏えいさせません。

  9. 苦情及び個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について
  10. 当社は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求がある場合には、法令に則り、 速やかに対応します。また、ご本人からの個人情報に関する苦情やご相談に対し、適切かつ誠実、迅速に対応いたします。なお、当社の個人情報の取扱いにつきまして苦情、ご相談がございましたら、当社個人情報相談窓口 までご連絡くださいますようお願い申し上げます。また、個人情報の開示・訂正・利用停止・消去等の求めの場合は、「▶個人情報開示等依頼書」にご記入の上、下記までお送りくださいますようお願い申し上げます。

    <お問い合わせ先>
    株式会社データベーステクノロジ
    管理グループ 苦情及び相談、開示等窓口担当者
    〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65番地 京都朝日ビルディング6F
    TEL: 075-231-6131

  11. 組織・体制
  12. 当社は、個人情報保護管理者並びに個人情報保護監査責任者を任命し、個人情報の適正な管理を実施致します。 当社は、役員及び従業者に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。

  13. 個人情報保護体制の継続的改善
  14. 当社の個人情報保護マネジメントシステムについて、年1回以上の監査を行い、また当社を取り巻く環境の変化を踏まえ適時・適切に見直しを行い、その改善を継続的に推進します。

平成17年4月15日制定
平成29年11月10日改訂
株式会社データベーステクノロジ
代表取締役  鈴木 隆史